薬学部 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

薬科学科

薬学部薬科学科は、自然や社会、健康や疾病に関わる多様な事象に関心を持ち、創薬科学及び生命薬学を通して薬学の進展と社会の発展に貢献できる専門能力とリーダーシップを持つ人材の育成を目的としています。本学科では、4年以上在学し、所定の単位を修得したうえで、次に掲げる目標を達成した学生に学士(薬科学)を授与します。

  1. 広範な教養と豊かな人間性、社会性、倫理観に基づいた主体的行動ができる能力の修得
  2. グローバルなコミュニケーション能力および多様性にチスル理解力の修得
  3. 将来、薬科学領域でリーダーとしての役割を果たすための責任感、使命感、倫理観の涵養
  4. 薬科学を構成する創薬化学、生命薬科学、医療薬科学に関する専門知識・と技能・態度の修得
  5. 修得した専門知識・技能・態度を総合化し、科学の既存状況に満足せず科学的探究に主体的に取り組み、情報収集し、創薬研究者のリーダーとして必要な問題発見および問題解決の基礎的能力の修得

薬学科

薬学部薬学科は、自然や社会、健康や疾病に関わる多様な事象に関心を持ち、医療薬学及び生命薬学を通して薬学の進展と社会の発展に貢献できる専門能力とリーダーシップをもつ人材の育成を目的としています。本学科では、6年以上在学し、所定の単位を修得したうえで、次に掲げる目標を達成した学生に学士(薬学)を授与します。

  1. 広範な教養と医療人として相応しい人間性、社会性、倫理観に基づいた主体的行動ができる能力の修得
  2. グローバルなコミュニケーション能力および多様性に対する理解力の修得
  3. 将来、医療薬学研究者、薬剤師・医療従事者のリーダーとしての役割を果たすための責任感、使命感、倫理観の涵養
  4. 医療薬学研究者、薬剤師・医療従事者として必要な創薬化学、生命薬科学、医療薬科学に関する専門知識・技能・態度の修得と、世界水準の医療薬学研究、医療を実施する素地の涵養
  5. 修得した専門知識・技能・態度を総合化し、医療薬学研究者、先端医療を担う薬剤師・医療従事者のリーダーとして必要な問題発見および問題解決の基礎的能力の修得

http://www.pharm.kyoto-u.ac.jp/index.html