理学部 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

  1. 京都大学理学部は、さまざまな分野において、科学的で創造的な活動が出来る人材を育てることが社会から期待されています。そのような人材を育成するため、学士課程卒業にあっては、以下の点に到達していることを目標とします。
    (1)
    理学の基礎体系を修得している。
    (2)
    理学における個々の知識を総合化し、自ら考え、新しい知を吸収し創造的に展開する姿勢を備えている。
    (3)
    日常的な科学・技術の諸課題について、理学の知識を用いて科学的な解決方法を構想できる。
    (4)
    理学の意義と重要性を理解し、その発展に寄与することを目指した行動ができる。
    (5)
    理学に関する課題に取り組むための幅広い視野と教養を身につけ、異なる文化・分野の人々ともコミュニケーションできる。
  2. 学士の学位は、入学後4年以上、系登録(所属専門分野(系)の決定)後2年以上在学し、卒業に必要な所定の単位数を修得した上で、「学士試験合格の認定(卒業)」を請求した者に与えます。

http://www.sci.kyoto-u.ac.jp/modules/tinycontent1/index.php?id=16