総合生存学館(思修館) アドミッション・ポリシー 

ナビゲーション

総合生存学館が望む学生像

 総合生存学館は、総合生存学における課題解決情報を、机上ではなくその問題が起きている現場に即して創出し、的確に判断・行動できる高度な専門的能力を身につけた人材の育成をめざしています。文理にわたる幅広い専門的学識を積み重ねることで、多様な専門分野を俯瞰する力を培います。また、複数教員の指導と助言のもとで研究基礎力を養い、さらに国内外の社会実践で得られた経験知をモデル化して修得していきます。あわせて、顕在化している個々の問題解決にあたるだけでなく、人類や社会システム、地球社会などにおける今日的な問題の本質を理解して、総合生存学に基づく世界観・人間力・社会力をもとに自ら課題を設定し、その解決への営みを通じて、グローバルリーダーとなる人材を育成します。

  1. 総合生存学館は、次のような能力、適性、意欲を有する者を求める。
    (1)地球規模課題解決のために取り組む研究課題・研究目標を設定できる能力ならびに、研究をやり遂げる意志・能力および研究を実施するに必要な基礎的能力を有していること。
    (2)様々な地球規模課題を解決する強い興味と関心を持ち、自らの将来を計画し、決断、実行する力を有しているとともに、社会において多様な価値・システムを創造するようなグローバルリーダーを目指す意欲を有していること。
    (3)グローバルに活躍するための基礎となる語学力・コミュニケーション能力を有していること。
     
  2. 入学者選抜方法については、筆答試験、口頭試問を中心に書類審査を含めた選考を行います(詳細は募集要項に記載しています)。

総合生存学館のホームページ