経済学研究科 アドミッション・ポリシー

ナビゲーション

 日本で最も古い伝統を誇る経済学研究科の一つである京都大学大学院経済学研究科は、創設以来、経済学分野における研究教育の一大拠点として活動を続けています。修士課程・博士後期課程の教育・研究を通して、経済・経営における諸活動を、科学的に分析し、財政、産業、雇用、経営、金融、地球環境など、現在の日本が抱える諸問題に対して、本質的な解決策を提示しうる研究者、および専門能力を備えた実務家の養成をおこなっています。経済学の最先端を切り開き続けるためには、即効性のある個々の断片的な知識を詰め込むよりも、過去に例のない様々な種類の問題に対して創造的に対応できる能力が必要になります。このような能力を持つ学生を輩出するため、私たちは以下のような学生の入学を期待しています。

  1. 修士課程においては、志望分野を学ぶために必要な基礎学力を有している人、博士後期課程においては、志望分野に関する深い専門的知識を有している人
  2. 経済学の研究を通じて学術の高度化に寄与する意欲をもっている人、およびその普及・社会的還元に携わる意欲をもっている人
  3. 志望分野において、先駆的な研究課題を自ら設定することができ、それぞれの分野の方法論を学んで、課題を解決する能力をもっている人
  4. 日本語、あるいは英語によって、研究成果を国内外に効果的に発信するための、もしくは実践を通じてその社会的還元に携わるための語学能力を具えている人

 本研究科は、入学者選抜にあたり、公平な選抜を実施しています。人種、宗教、性別、ジェンダー、年齢、国籍、政治的信条、障害等を理由に差別することはありません。

 上記のポリシーを実現するため、本研究科修士課程において、学士課程の成績等の書類審査、TOEFLの成績による評価及び経済学等関連の専門知識を評価する筆記試験、研究計画書に基づく口述試験を適宜組み合わせた多様な入学試験を実施します。

 また、本研究科博士後期課程においても、修士課程の成績等の書類審査、論文審査及びTOEFLの成績による評価及び口頭試問を適宜組み合わせた入学試験を実施します。

 東アジア持続的経済発展研究コース(EAコース)においては、学士課程または修士課程の成績等の書類審査とそれに基づく受入予定教員とのマッチングを行い、さらに面接試験を実施します。