News

平成30年7月豪雨により被災した入学志望者に係る検定料の免除について


2018年10月02日

  • トピックス 入試

  • 受験生

 京都大学では、平成30年7月豪雨により被災した入学志望者に対して、当該入学志望者の主たる家計支持者が以下に該当する場合は、申請により平成30年度に実施される入学者選抜試験(学部一般入試・学部特色入試・学部の特別選抜試験・大学院および専門職大学院入学者選抜試験)検定料の免除措置を講じることとしましたので、お知らせします。

  1. 総長が指定する災害(平成30年7月豪雨)に係る災害救助法適用地域(以下「災害救助法適用地域」という。)において被災し死亡した。
  2. 災害救助法適用地域に準ずると総長が認めた地域において被災し死亡した。
  3. 災害救助法適用地域にある住居が、全壊、半壊、一部損壊、全焼、半焼又は床上浸水の損害を受けた。
  4. 災害救助法適用地域に準ずると総長が認めた地域にある住居が、全壊、半壊、全焼、半焼又は床上浸水の損害を受けた。
  5. 災害救助法適用地域にある、勤務先(事業所、店舗、田畑、漁業船舶等を含む。次号において同じ)が被災し、収入が見込めなくなった。
  6. 都道府県知事等から指示が出されている区域に居住しており避難等を行ったため又は、勤務先が当該区域にあるため、就労困難となり収入が見込めなくなった。

※ 申請には、罹災証明書等が必要です。

問い合わせ

教育推進・学生支援部 入試企画課 入試第一掛
Tel: 075-753-2521、2522



No