News

京阪神地区難関大学フェスティバル2014を開催しました。(2014年7月19日・21日)


2014年07月19日

  • トピックス 大学の動き

  • 受験生

 京都大学・大阪大学・神戸大学・立命館大学・関西大学・関西学院大学の6大学は7月19日に大阪・河合塾大阪校で、7月21日には東京・学士会館で合同大学説明会「京阪神地区難関大学フェスティバル2014」を開催しました。

 このイベントは、関西の6大学が共同して大学説明会を開催することにより、より高い志を持った受験生やその保護者を集め、各大学が持つ魅力を効果的に発信することを目的としています。昨年、初めての試みとして大阪で開催し、本年は大阪だけでなく、東京でも開催いたしました。

 大阪では各大学の大学紹介、現役学生を囲む座談会、「研究の最前線」と題した教員による講義など盛りだくさんのプログラムが行われ、昨年を上回る約1,200人の中高生や保護者等に参加いただきました。

 東京では本学の淡路敏之 理事・副学長によるオープニングセレモニーでの歓迎挨拶を皮切りに、各大学の代表者によるパネルディスカッション、現役学生によるパネルディスカッションなど盛りだくさんのプログラムが行われ、200人を超える関東の中高生や保護者等が参加し、普段は馴染みのない関西6大学の雰囲気や魅力を十分に感じていただきました。

 大阪、東京ともに併設された各大学の個別相談コーナーには、多くの参加者が立ち寄り、在学生から学生生活や日頃の研究内容などを聞きながら、活発な質疑応答が交わされました。

 今回の参加者にとって各大学への理解が深まり、関心が高まったことと期待します。


東京会場のオープニングセレモニーで歓迎挨拶を行う淡路敏之理事・副学長

東京会場で行われた6大学の代表によるパネルディスカッション

大阪会場個別相談コーナーでの質疑応答

大阪会場で行われた6大学の在学生による座談会

京阪神地区難関大学フェスティバル2014を開催しました。(2014年7月19日・21日)
現在の画像 JPEG image — 79 KB

No