News

ELCAS平成30年度グループ型〈人文科学分野〉体験発表会・閉講式を開催しました。(2019年1月12日)


2019年01月30日

  • ニュース 学部・大学院から

  • 受験生
  • 一般・地域

 本学が推進する高大接続による知的卓越人材育成事業ELCASの平成30年度グループ型(第11期)人文科学分野体験発表会ならびに閉講式を1月12日に開催しました。

 2018年11月から2019年1月まで本事業で「日本の近現代文学と私たち」というテーマで探究活動を行った受講生(22名中21名が参加)がそれぞれ作成したポスターを用いて発表を行い、引き続き閉講式を行いました。

 有賀哲也 副学長(高大接続・入試センター副センター長・理学研究科教授)が受講生に修了証を授与し、優秀なポスター発表を行った5名にプレゼンテーション賞の授与を行いました。

 修了生からは、「視野が広がり、教養が身についた」「様々な年代の方と交流を持ち、非常に刺激になる経験だった」「合宿や全3回の演習・発表と、とても濃い時間だった」等の感想が寄せられました。

 

プレゼンテーション賞受賞者名とテーマ

嶋村 悠 
「『声』と文学」

立花 聖
「日本語って特殊?」

小田 華音
「母語と“エクソフォニー”~新たな視点への扉」

清家 睦紀
「英語で発見した日本の文学」

達川 美優
「鹿の尾を伸ばしたく候」

 

ポスター作成の様子

ホルカ・イリナ人文科学研究所講師と受講生の集合写真

関連リンク

・京都大学ELCAS

http://www.elcas.kyoto-u.ac.jp/


ELCAS平成30年度グループ型〈人文科学分野〉体験発表会・閉講式を開催しました。(2019年1月12日)
現在の画像 JPEG image — 133 KB

No