学歌

学歌・学旗は、1940(昭和15)年に制定されました。これはその前年に出された「青少年学徒ニ賜ハリタル勅語」の趣旨に応える方法として計画されたもので、学旗の意匠と学歌の歌詞は応募作品の中から選ばれたものです。

京都大学学歌

作詞:水梨彌久(みずなしやきゅう)
作曲:下総皖一(しもふさかんいち)
(昭和15年1月18日制定)
1 九重に 花ぞ匂へる
千年の 京に在りて
その土を 朝踏みしめ
その空を 夕仰げば
青雲は 極みはるかに
われらの まなこをむかえ
照る日は ひかり直さし
われらの ことばにうつる
2 緑吹く 楠の葉風に
時の鐘 つぎて響けば
人の世に まこと立つべく
現身に まこと立つべく
たまきはる 命をこめて
いしずえ 堅く築かん
伸びゆく 強き力の
日出づる 国の子我等

楽譜を見る

音源について

  • 演奏:京大合唱団OB
  • 日時:2004年12月19日(日曜日)
  • 場所:百周年時計台記念館 百周年記念ホール

卒業式と入学式で学歌をうたおう

低音質・664k

試聴ボタン試聴ボタン左のボタンから学歌の1番をお聞きいただけます。

高音質・1.2MB

試聴ページはこちら

演奏の様子

学歌をうたう京大合唱団OBの写真

ClockTowerConcertで学歌をうたう京大合唱団OB
2004年12月19日
百周年時計台記念館 百周年記念ホールにて

1940年の学旗学歌制定式の様子

学旗学歌制定式の様子
1940年2月11日
時計台2階大ホール(現・国際交流ホール)にて
※写真提供:京都大学大学文書館

レコード

レコードの写真

1940年4月に京大交響楽団・合唱団の演奏による学歌のレコードが帝国蓄音機商会(テイチク)によって制作されました。指揮した朝比奈隆にとって、これが最初のレコーディングであったと言われています。朝比奈は、1937年に本学文学部を卒業した頃からすでに指揮者としてデビューしています。

独唱・低音質・1.1MB

試聴ボタン

合唱・低音質・1.1MB

試聴ボタン

独唱・高音質・2.3MB

合唱・高音質・2.2MB