News

「第14回(平成29年度)日本学術振興会賞」に本学から2名が選ばれました。(2017年12月26日)


2018年01月11日

  • トピックス 大学の動き

  • 企業・研究者

 独立行政法人日本学術振興会の「第14回(平成29年度)日本学術振興会賞」に本学から2名が選ばれました。

 授賞式は、2018年2月7日(水曜日)に日本学士院にて行われる予定です。

専門分野

受賞者氏名

所属・職名

授賞の対象となった研究業績

文化人類学

石井美保准教授

石井 美保

人文科学研究所 准教授

西アフリカと南インドにおける呪術・宗教実践に関する現代民族誌研究

数理物理学

入谷寛准教授

入谷 寛

理学研究科 准教授

ガンマ構造の導入による量子コホモロジーとミラー対称性研究の新展開

 日本学術振興会賞は、創造性に富み優れた研究能力を有する若手研究者を見い出し、早い段階から顕彰することで、その研究意欲を高め、研究の発展を支援することにより、我が国の学術研究の水準を世界のトップレベルにおいて発展させることを目的とするものです。

 各分野を代表する我が国のトップレベルの学術研究者により構成される審査会で厳正な審査が行われ、受賞者が決定されました。

関連リンク



No