News

学生の懲戒処分について(2018年9月26日)


2018年09月26日

  • ニュース 大学から


     本学は、窃盗容疑で逮捕された経済学部2回生を、平成30年9月26日付けで停学(3か月)処分としました。
     これは、平成30年4月に発生した事件について、平成30年9月26日開催の学生懲戒委員会において審議し、当該学生による現金3万円の窃盗の事実を認めた上で、当該学生を京都大学通則第32条に定める「学生の本分を守らない者」として、処分を決定したものです。
     このような事件が起こったことは誠に遺憾であり、今後はさらに法令遵守等についての周知徹底を図り、犯罪行為に対しては厳正に対処し、こうした事態が二度と繰り返されることのないよう努めてまいります。

    処分内容

    経済学部2回生を、京都大学通則第32条に定める「学生の本分を守らない者」として、平成30年9月26日付けで同通則第33条に定める停学(3か月)処分とする。

    処分理由

    当該男子学生は、平成30年5月に窃盗容疑で逮捕された。本学としては、今回の事件の事実関係等について調査を行い、慎重に審議した結果、当該男子学生による現金3万円の窃盗の事実を認めた上で、このような犯罪行為は、もとより「学生の本分に反する行為」に該当するものであることから、当該男子学生を停学(3か月)処分とすることとした。



    No