Events

  • 吉田キャンパス

第38回 はんなり京都 嶋臺(しまだい)塾 働く ということ


2017年03月06日 月曜日

 現代の地球環境学の成果を〈京ことば〉で練り直すことにより、世界環境都市にふさわしい、あらたな、力のある美意識や生活文化をさぐり、地域にひろめるための連続懇話会です。

 伝統的な京町家を舞台に、今回は「働く」をテーマとして開催いたします。皆さまのご来場を、心よりお待ちしています
  • 2017年03月28日 火曜日

18時00分~20時00分
  • 吉田キャンパス

嶋臺(しまだい)1階本陣ギャラリー
所在地: 京都市中京区東洞院御池北側
※ 京都市営地下鉄「烏丸御池駅」下車すぐ

どなたでも参加いただけます。

60名(先着順)

 ちょうど学生の就職活動が本格化する時期ですが、昨今巷では、「働き方改革」「ブラック企業」「雇用創出」などなど、働くこと、働き方についていろいろと言われています。今回は、地域(島根県)でフリージャーナリストとして働くことを選ばれた田中輝美 氏にお越しいただきます。田中氏は、大阪大学を卒業後、島根にUターンして地方紙に就職し、独立。ローカルジャーナリストという肩書きを自らつくり、日本ではまだ珍しい働き方を実践しておられます。その姿に影響を受ける若い世代も。田中氏の働き方について拝聴し、働くことについてもう一度考えてみましょう。

 また、地球環境学堂からは浅利美鈴 同准教授にお話しいただきます。最近は、環境にかかわる仕事を選択したいという学生も増えてきました。浅利准教授はこれまで、本学でそうした学生に向けに、就活支援や環境系企業との企画を展開してきました。環境保全や持続可能性が、生活者だけでなく企業にとっても当然になった今の時世にあって、最近の学生の就職に対する考え方もやや変わってきているとのことです。環境にかかわる仕事をするとはどういうことか、どういう働き方があるのか、学生の趣向の変化なども紹介いただき、これからの働き方、働くことの意味を考えてみたいと思います。

 これから働く学生の方、これからの働き方を模索しておられる方、働く仲間を探しておられる方、働く人を支えておられる方、みなさん是非足をお運びください。


無料

電話またはファックスにて、問い合わせ先の番号までお申し込みください。

2017年03月28日 火曜日

2017年3月28日(火曜日)17時00分
※ 定員になり次第締め切ります。
※ 空席がある場合は、当日参加も受け付けます。

地球環境学堂総務掛
Tel: 075-753-5630
Fax: 075-753-9187

主催: 京都大学地球環境学堂
協力: 嶋臺(しまだい)

第38回 はんなり京都 嶋臺(しまだい)塾 働く ということ
現在の画像 JPEG image — 150 KB

PDF document icon 町家塾チラシ_第38回_CS5_LightgreenBrown3.pdf — PDF document, 2716 kB (2781966 bytes)

No