Events

  • 吉田キャンパス

健康管理講演会「長時間労働の問題を考える」


2017年02月24日 金曜日

 長時間労働は日本企業の伝統であり、問題とされませんでした。しかし、Karoshiが国際的にも注目されはじめ、長時間労働の早急な改善が叫ばれはじめました。この一方、グローバル化環境下で企業は、ますます熾烈な競争に勝ち抜くことを追求せざるを得ません。

 政府もようやく長時間労働の問題に取り組み始めました。ライフワークバランスをからめて健全な働き方について考えます。
  • 2017年03月29日 水曜日

13時15分~14時15分(開場13時00分)
  • 吉田キャンパス

芝蘭会館2階 稲盛ホール(京都大学医学部構内北側 旧白川通り沿い)
医学部構内マップ[21]
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_i.html

本学の教職員、学生、関係者等
※ 一般の方の来聴も歓迎します。

230名(先着順)

演題

「長時間労働の問題を考える」 -過労死事件にまなぶ

講師

小泉昭夫 医学研究科教授・医学研究科等安全衛生委員会委員長


無料




医学研究科 経営企画室 安全衛生掛(担当: 高橋)
Tel: 075-753-9482
E-maill: igakuanzen*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp (*を@に変えてください)

主催: 京都大学医学研究科等安全衛生委員会

健康管理講演会「長時間労働の問題を考える」
現在の画像 JPEG image — 108 KB

PDF document icon poster.pdf — PDF document, 201 kB (206754 bytes)