News

医学部附属病院で平成29年病院長賞表彰式を挙行しました。(2018年4月16日)


2018年05月09日

  • ニュース 学部・大学院から

  • 企業・研究者

 医学部附属病院は、病院長賞表彰式を挙行しました。今回が3回目の表彰式で、約200名の教職員が出席しました。

 この病院長賞は、本院における教育、研究、診療、管理運営等について、極めて顕著な貢献があったと認められる若手教職員又は診療科等を表彰する制度として設けられ、全11組の個人及び団体の推薦の中から4組の受賞者が決定し、表彰しました。

 表彰式では、稲垣暢也 医学部附属病院長より、表彰制度設立の趣旨及び受賞者の選出方法について説明後、4組の受賞者及び受賞内容について発表があり、表彰楯が授与されるとともに、祝辞が述べられました。

 また、表彰式終了後には受賞者の記念撮影が行われ、終始賑やかな雰囲気の中で盛況のうちに閉式しました。

受賞者発表を行う稲垣病院長

受賞した個人・団体の代表者の集合写真

受賞内容

  1. 腫瘍内科長 武藤学 教授
    2017年4月から、本院が保有する患者由来の高品質な生体試料を活用した、産学連携の医療開発プロジェクト「ワンストップクリニカルバイオリソース事業」の実施に向けて本格的な検討を開始し、企画から実現まで一貫して主導的な役割を担った結果、2017年11月にクリニカルバイオリソースセンターが設置され、2018年3月には株式会社KBBMが設立された。また、本院のがんゲノム医療に係る体制整備においても中心的な役割を果たし、がんゲノム医療を牽引する高度な機能を有する「がんゲノム医療中核拠点病院」に指定された。これらの業績により、本院の医療開発部門への貢献が認められた。
  2. 地域ネットワーク医療部
    連携医療機関への訪問活動を通して地域医療機関との連携強化および上位の退院支援加算算定に伴う病院運営並びに退院支援の質向上に寄与したことにより、本院における地域・社会貢献部門の業績に大きく貢献した。
  3. QM推進委員会
    本院における品質マネジメントシステムの構築及びその運用開始に尽力し、本院のISO9001認証取得に寄与したことにより、本院における運営部門へ大きく貢献した。
  4. 高難度医療・未承認新規医薬品等管理室、高難度新規医療技術評価委員会及び未承認新規医薬品等評価委員会
    高難度新規医療技術の導入、未承認薬等を用いた医療の導入の際、当該医療技術および当該未承認新規医薬品等の使用条件を定め、使用の適否等を迅速に審査するとともに運用体制を構築し、特定機能病院に求められる医療安全対策の強化に寄与したことにより、本院における医療安全部門へ大きく貢献した。

医学部附属病院で平成29年病院長賞表彰式を挙行しました。(2018年4月16日)
現在の画像 JPEG image — 71 KB

No