Events

  • 吉田キャンパス

山岡記念財団 科学技術講演会


2017年02月16日 木曜日

 現在地球規模で問題となっている「温暖化現象」、「エネルギー」問題に関連して、国際社会の安定的な繁栄をどのようにすれば得ることができるのかを、資源循環型社会の形成に向けてこの分野で先進している、ドイツと日本の研究者、学識経験者が論じます。

 日本とドイツがこれからの課題克服に指導的な役割を果たすことのできる環境を醸成するとともに、日独の講演者による講演を通じて、日本とドイツの文化交流を図ることで、参加者が両国の互いの状況を理解し関係を深める一助としたいと考えます。
  • 2017年03月21日 火曜日

13時00分~15時00分
  • 吉田キャンパス

国際科学イノベーション棟 東館 西館5階シンポジウムホール
本部・西部構内マップ[69]
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/

どなたでも参加いただけます。

250名

講演者

ホルスト シュルテ教授  (アーヘン工科大学)

講演テーマ

将来のパワートレインのCO2排出削減に向けて
-温室効果ガス削減への決め手

講演者

手塚哲央教授 (京都大学エネルギー科学研究科エネルギー経済分野)

講演テーマ

エネルギーシステム学と再生可能エネルギー

※ 両講演共、日英同時通訳


無料

山岡記念財団Webサイトよりお申し込み下さい。
https://yamaoka-memorial.or.jp


定員になり次第、締め切らせていただきます。

一般財団法人山岡記念財団
yamaoka-memorial*yanmar.com(*を@に変えてください)
Tel: 06-7636-0219
Fax: 06-7636-0212

主催: 一般財団法人山岡記念財団
協賛: 京都大学エネルギー科学研究科
後援: ドイツ連邦共和国総領事館、大阪ドイツ文化センター、一般社団法人大阪日独協会、ヤンマー株式会社

山岡記念財団 科学技術講演会
現在の画像 JPEG image — 47 KB

PDF document icon 20170321_01.pdf — PDF document, 2123 kB (2174569 bytes)

No