News

津波再現水槽および流起式可動防波堤の公開実験を行いました。(2014年7月16日)


2014年07月16日

  • ニュース 学部・大学院から

  • 企業・研究者

 平石哲也 防災研究所教授は、三つの手法で津波を再現できる新しいタイプの津波再現装置を開発しました。また、東良慶 同助教は津波の流れによって起動する可動防波堤を共同研究体(防災研究所、独立行政法人港湾空港技術研究所、株式会社丸島アクアシステム、株式会社ニュージェック、みらい建設工業株式会社)で開発しました。

 これらの実験装置、モデルを用いた実験を同研究所附属流域災害研究センター宇治川オープンラボラトリーで報道機関向けに公開しました。今後の南海トラフを震源とする巨大地震津波対策の有効なツールであるとともに防災計画にも有用な役割を果たすと考えられます。


実験の様子

可動防波堤

津波の流れによって立ち上がり、津波の港内への浸入を防止し、港の安全を図ります。構造および機構はシンプルで、港湾施設の既設防波堤開口部への設置を想定しています。

自然の力(津波の流れ)のみで自動的に起き上がります。

津波再現水槽および流起式可動防波堤の公開実験を行いました。(2014年7月16日)
現在の画像 JPEG image — 91 KB

No