探検! 京都大学

ノーベル賞 受賞者のメッセージ

京都大学にゆかりのあるノーベル賞受賞者が語った印象に残るひと言を紹介

一日生きることは、一歩進むことでありたい

京都大学基礎物理学研究所 湯川記念館史料室の色紙より

物理学賞(1949)

湯川秀樹

1907年東京府(現在の東京都)生まれ。京都帝国大学理学部卒業後、京都帝国大学理学部講師、同大学理学部教授を経て、1953年京都大学基礎物理学研究所の初代所長に就任。
1934年「中間子論」の論文を発表。素粒子論の足掛かりをつくった。
1949年日本人として初めてノーベル物理学賞を受賞。1981年没。

写真提供:「京都大学基礎物理学研究所 湯川記念館史料室」

ふしぎだと思うこと これが科学の芽です よく観察してたしかめ そして考えること これが科学の茎です そうして最後になぞがとける これが科学の花です

出典:朝永振一郎/京都市青少年科学センター所蔵の色紙より

物理学賞(1965)

朝永振一郎

1906年東京府(現在の東京都)生まれ。京都帝国大学理学部卒業後、東京文理科大学教授、東京教育大学教授、同大学学長を歴任。「超多時間理論」「くりこみ理論」など多岐にわたる理論物理学の世界的業績を遺した。
1965年にノーベル物理学賞を受賞。1979年没。

私の経験からすると、だいたい、メモしないでも覚えているような思いつきにはめぼしいものはない。メモをしないとすぐに忘れてしまうようなアイディアこそ、貴重なものである。

出典:「私の履歴書―科学の求道者」今西 錦司(著),福井 謙一, (著)河合 雅雄(著), 西澤 潤一(著), 小柴 昌俊(著) /日本経済新聞出版社 200頁から抜粋

化学賞(1981)

福井謙一

1918年奈良県生まれ。京都帝国大学工学部卒業後、1951年に京都帝国大学工学部燃料化学科(後の石油化学科)教授。「フロンティア軌道理論」を発表し世界の化学界に多大な影響を与えた。1981年に日本人として初めてノーベル化学賞を受賞。1998年没。

あることを成し遂げるためには、いろんなほかのことを切り捨てないとだめなんですよ。

出典:「私の脳科学講義」利根川 進(著) /岩波書店 129頁から抜粋

生理学・医学賞(1987)

利根川進

1939年愛知県生まれ。京都大学理学研究科を経てカリフォルニア大学サンディエゴ校へ留学。カリフォルニア大学サンディエゴ校博士課程修了。米ソーク研究所・ダルベッコ研究室でポスト・ドクター、スイス・バーゼル免疫学研究所主任研究員、マサチューセッツ工科大学教授などを歴任。哺乳動物が示す免疫現象を世界で初めて遺伝子レベルで解析し、分子生物学の発展に大きく寄与。1987年にノーベル生理学・医学賞を受賞。

研究で大切なのは「大いなる驚き」だ。例えば星の誕生や素粒子の新発見は人々を驚かせ喜ばせる。

出典:「研究はみずみずしく」野依 良治(著) /名古屋大学出版会 162頁から抜粋

化学賞(2001)

野依良治

1938年兵庫県生まれ。京都大学工学研究科修士課程修了後、京都大学工学部助手、名古屋大学教授を経て、理化学研究所理事長に就任。「BINAP(バイナップ)」という左右の物質を作り分けることのできる触媒を用いた不斉水素化を開発し、医薬品、農薬、香料など製造産業や食品産業の発展に大きく貢献。2001年にノーベル化学賞を受賞。

じっとしていてもロマンは絶対にやってこない。迷ったり壁にぶつかったりしながらも、実際に動き出してしまえば憧れはロマンに変わる。僕はそう信じているんです。

出典:「大発見」の思考法 山中 伸弥(著), 益川 敏英(著) /文藝春秋73頁から抜粋

物理学賞(2008)

益川敏英

1940年愛知県生まれ。名古屋大学理学研究科博士課程修了後、名古屋大学理学部助手、京都大学理学部助手を経て、京都大学基礎物理学研究所教授、同所長を経て、京都大学名誉教授。京都産業大学益川塾教授・塾頭、名古屋大学特別教授、名古屋大学素粒子宇宙起源研究機構機構長。「CP対称性の破れ」の起源を解明。2008年にノーベル物理学賞を受賞。 

「わからないときは諦める」そして、「またやりたくなるまで待つ」。つまり、何かほかのことをしていても、頭の中に問題の意識はずっとあるわけです。そういうふうにしていると、あるとき、「こういうアプローチで考えてみよう」とひらめく。それを繰り返しているうちに何か答えが見えてくるように思えます。

出典:「いっしょに考えてみようや ノーベル物理学賞のひらめき」 小林 誠(著), 益川 敏英 (著) /朝日新聞出版 22頁から抜粋

物理学賞(2008)

小林誠

1944年愛知県生まれ。名古屋大学理学研究科博士課程修了後、京都大学理学部助手、高エネルギー物理学研究所教授、高エネルギー加速器研究機構素粒子原子核研究所教授、同所長、同機構名誉教授を経て、同機構特別栄誉教授。独立行政法人日本学術振興会学術システム研究センター所長、名古屋大学特別教授。「CP対称性の破れ」の起源を解明。2008年にノーベル物理学賞を受賞。

いちばん辛いときは、その辛さを克服できる一歩手前だというようなことを書いているものもありました。もうダメだと思っても、もう一踏ん張りすれば新しい展開が待っている、と。「やっぱり高く飛ぶためにはかがまなあかんねんや」と励まされましたね。高く飛ぶためには思いっきり低くかがむ必要があるのです。

出典:「山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた」山中 伸弥(著),緑 慎也(著)/講談社 142頁から抜粋

生理学・医学賞(2012)

山中伸弥

1962年大阪府生まれ。神戸大学医学部卒業、大阪市立大学医学研究科修了後、同大学医学部助手、奈良先端科学技術大学院大学教授、京都大学物質-細胞統合システム拠点教授を経て、京都大学iPS細胞研究所長。ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)の樹立に成功し、再生医学に新たな道を切り開く。2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞。

©Nobel Foundation Photo: Ulla Montan.

あまり偉そうなことは言えないが、はやりの研究にこだわらず、自分のやりたいことをやるのがいちばんだと思う。自分のやりたいことなら、なかなか結果が出なくても続けることができると思う

受賞時の記者会見における若者へのメッセージから抜粋

物理学賞(2014)

赤﨑勇

1929年鹿児島県生まれ。京都大学理学部卒業後、神戸工業(現、富士通)に入社、名古屋大学助手、同大学講師、同大学助教授、同大学教授を経て、同大学名誉教授、名城大学教授。高品質窒化ガリウム (GaN)系窒化物単結晶の創製に関する技術を開発し、世界初の高輝度青色発光ダイオード(青色LED)を実現させる。2014年にノーベル物理学賞を受賞。

©Nobel Media AB Photo: Alexander Mahmoud

ここで紹介した研究者のひと言は、必ずしも研究者の考えを総括するものではありませんが、特に将来を担う若い方に読んでほしい著作物などを中心に、その中で研究者が語った印象的な言葉を選びました。これから生きる上での心の支えやヒントを与えてくれるものになればと思います。

その他各賞の受賞

湯川秀樹、山中伸弥、赤﨑勇各氏を除く受賞者の写真については、京都大学発行「LAUREATES」から引用。